保険会社を選べる

ペット保険は俗に飼い主の安心のためにあるとは、様々なところで耳にしますがペットのためにも必要に応じて適切な手当を受けられるのですから、やはり安心に違いありません。それが全額自己負担となったら最後まで家族でアリ続ける事も苦しくなる事でしょう。日本の動物愛護はかなり遅れているとは言われますが、あくまでも人間側の責任であるには違いありませんし、動物にしてみれば人間の勝手な都合だけで捨てられるか“殺傷処分行”となるとしたら、これほど迷惑な事はありません。

人間のように言葉でつらい状況を訴える事ができないのですから、人間が配慮してあげるべきなのは、いうまでもありません。ではどこに保険神聖をしたら良いかと言うと、少額短期保険業者あるいは損害保険会社の何れかを選ぶ事ができます。少額短期保険というのは、保険金額が低い分だけ保障期間も短期間で設定されている、文字通りの保険です。事業設立も小資本で始めている形のものが多く、万が一業者が破綻しても加入者の資産に対する補償がない、掛け捨てタイプの保険会社です。

損害保険は高額な資本金でスタートしている、通常の保険ですから無期限での加入が可能である代わりに月々の支払い額は高額になります。いずれが自分たちに適しているかどうかは、状況によって選択できます。

参考資料《https://pet-hoken.wanchan.jp/
…ペット保険の一括比較ができる「わんちゃんホンポ」

飼い主の責任

飼い主はどこまで愛犬や愛猫などペットのために責任を追うべきか、当然家族に迎えると決めた以上は人間の子供同様に愛情を注ぐべきです。ペットのための餌も良質になってきていますから、比例してペットの寿命も延びてきています。近年ご長寿猫としてネット上で話題になった子で30歳というケースもありますから、早いうちに動物のための介護も検討しなければならなくなってきます。

その時に必然的にかかってくるのが医療費ですが、人間のような保険制度があるわけではありませんから、もし大事な我が家の家族が大病を患ったとしたら全額飼い主負担となるのです。たとえば歯周病治療となったら安くても数万円という金額になりますから、高度医療となれば100万円ではすまなくなる可能性もあるのです。健全な飼い主なら大事な子のためにはなんでもやってあげたいと思うはずです。しかし現実には治療代が出ないとなれば悪化すると知りつつ、見守るだけとなってしまうでしょう。

もしかしたら医療にかかっていたら完治していたかもしれない病気やケガのために、大事な“息子”“娘”が虹の橋をわたるのだとしたら、一生取り返せない罪悪感や後悔に際悩まされる事になるのです。どこまでも飼い主を慕い求めるペットたちは、きっとどこまでも飼い主を赦してくれるかも知れませんから、人間が割り切るしかないのでしょうが、飼い主もペットたちも安心して最後の日まで過ごせるためにも、万が一に備えてペット保険に加入する事は飼い主の重要な責任と、も言えるのです。

ペット保険で安心作り

今回は“ペット保険はペットの安心を作る”というテーマでお話します。空前のペットブームと言われる近年、子供がいない家庭も含めるとペットの数は人間の子供よりも多いと言われていますが、同時に浮き彫りになったのは破棄されるペットが急増した事です。しかも理由があまりに身勝手きわまりなく悲惨な運命を人間のエゴで背負わされている現状が問題視されています。

その理由の1つは“病気になったから”というものです。動物は命あるものですから当然風邪をひきますし、大病を患う事もあります。無理な繁殖と新種育成の影響で極端な体力低下や奇形・障がいを伴って生まれてくるケースも増えている現実もあるのです。単に見た目のかわいさだけで命を買う事が、ペットたちの不幸を量産している事も指摘されています。

命を家族に迎える場合どこまでを飼い主の責任とするかが問題です。当然病気にも対応できる事も含まれるはずなのですが、ご周知の通りペットのための保険というのは現時点でありませんから、そのままでは全額飼い主負担となります。十分に健康診断もされぬままペットショップから引き渡されたのはいいが経済的状況により、途中で飼うのを断念せざるを得ない飼い主がいても不思議はありません。

少しでもペットたちの幸せと飼い主の負担を軽くするために、国内では多くのペット保険業者が誕生し、運営されています。これらのペット保険を上手に活用しながら最後の最後まで愛するペットたちとの生活を幸せを、多くの飼い主に味わって欲しいと願うばかりです。